2015年09月30日

刑事コロンボの都市伝説…を解決するチャンス到来。

ブログ・ゲストの方々から「疑問」「発見」などのコメントを頂き、嬉しいです〜。まだまだ解決していない疑問が残っていて、ここに覚え書きを残しておきました。2015年の秋「コロンボ祭り」でこれらを解決しようと思います。


  • 「指輪の爪あと」アーチャー役の俳優は?→ブルット・ホールジー

  • 「指輪の爪あと」のケニカット邸は、ゴッドファザーの冒頭「ハリウッドの映画プロデューサーの自宅」と同じ?

  • 「自縛の紐」でスタンフォードが「着替える事」を知っていたのは、マイロだけか?

  • 「もう一つの鍵」のクッキーが、手から消えたり現れたりする

  • 「毒のある花」のクッキーが、手から消えたり現れたりする

  • 「魔術師の幻想」でサンティーニの腕時計が丸や四角に変化?

  • 「魔術師の幻想」でジェロームは汗だくで暖炉。

  • 「仮面の男」でコロンボが犯人の家を去るとき、デ・ニーロみたいな演技をするか?

  • 「攻撃命令」でコロンボもこの言葉をくりかえしているのに、なぜ犬たちが反応しないの?

  • 「攻撃命令」でそんなに短期間に調教って変えることができるのかな?

  • 「黄金のバックル」のジェニーの母親は、姉か?ルースか?

  • 「秒読みの殺人」でトリッシュの夫ジョージ・C・スコットがノンクレジットで出演。

  • 「さらば提督」のチャーリー・クレイ宅と「マリブビーチ殺人事件」テレサ宅は同じ。

  • 「策謀の結末」の倉庫の銃の密売人は、別れのワインの警官が同じ人

  • 「だまされたコロンボ」のショーン・ブラントリーは、田原俊彦、柳沢慎吾、テンションの高い中山秀征に見えるか?

 
posted by ぼろんこ at 13:35 | Comment(5) | 刑事コロンボ研究

滞っておりましたコメントへのお返事を書きました。

いつも楽しいコメントをいただきまして、ありがとうございます。みなさまのコロンボに向けた愛の深さに、感動しています。これからも少しずつ加筆し、さらに深みのあるブログを目指したいと思います。

▼また同時に人気投票へ加票しました。
4時02分の銃声に3票、殺人処方箋に2票、逆転の構図に1票、白鳥の歌に1票、闘牛士の栄光に1票、祝砲の挽歌に1、完全犯罪の誤算に1票。
 
posted by ぼろんこ at 13:26 | Comment(0) | 更新記録など

2015年09月15日

レイ・ミランド

レイ・ミランド
Ray Milland
[1907年1月3日 - 1986年3月10日]

11話「悪の温室」で犯人のランの栽培家ジャービス・グッドウィンを好演。また4話の「指輪の爪あと」で夫人を殺害されたケニカット氏も印象に残ります。2役にヘアースタイルに変化(笑)はあったものの、流石の演技でした。紳士風ですが、どこか意地の悪さを醸します。映画「失われた週末」ではアカデミー主演男優賞を受賞しています。
 
posted by ぼろんこ at 00:00 | Comment(2) | 犯人役ゲストスター

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.

筆者ぼろんこが1970年代にNHKの総合テレビで刑事コロンボに出会った頃は小学生でした。それから30数年後の2009年にNHK BSで再会した時、その素晴らしさにあらためて感銘し、自分なりの解釈をブログに書きためるようになったのでした。