2015年10月05日

コロンボはよく「筆記用具を忘れる」件

1話「殺人処方箋」では、例のスタール邸で共犯のジョーンの供述をとるラストシーン。
2話「死者の身代金」では、空港で飲み物代金が支払えず、ウエイトレスにサインをするシーン。いずれも最後の場面で「コロンボが筆記用具を忘れて、借りている」のです。これは、コロンボのイメージを「やはり…どこか抜けている」憎めないキャラクターとして印象づけたかったのでしょう。

4話「指輪の爪あと」でブリマーから受領書を受け取るためのサインを書かせる際に、筆記用具を忘れています。

19話「別れのワイン」でエイドリアンのワイン仲間から立派な鉛筆を借りる。そのまま持ち帰りそうになり、返すよう求められました。

23話「愛情の計算」すぐに鉛筆を失くす癖があるので、これからはテープに録音すると宣言しました。

24話「白鳥の歌」でトミーの供述をとる際に鉛筆が見つからず「暗記しとこう」と言うが、直後にポケットから見つかりました。

16話「断たれた音」では、それらとは逆に記憶力抜群のクレイトンがボールペンを忘れ、それをコロンボが本人に届けます。

加筆:2017年12月22日 その他にも印象的な「筆記用具を忘れる」シーンが多数あり今後加筆します。
 
posted by ぼろんこ at 13:59 | Comment(7) | コロンボ警部の人となり
この記事へのコメント
初めまして、ぼろんこさん。
コロンボの筆記具を忘れるというシーン。
私はコロンボが相手を油断させるための作戦なのでは…と思っております。
相手に邪険にされた時や持っていないと言われたシーンでは「ありました」と自分の物を出しているので、ひょっとしたら…と。
ウェイトレスや店員には単に出すのを面倒がっている感じですかね。
Posted by JAMES at 2015年10月19日 12:08
JAMESさん、初めまして!「ありました」は、とっても興味深いです。今後の研究対象にしますね。筆記用具に限らず、ライター(マッチ)も持っていないことが多いです。
Posted by ぼろんこ at 2015年10月19日 17:40
エピソードは忘れましたが、マッチも自分で出しているシーンは何回かありますね。
私がこの可能性があると最初に感じたのは「白鳥の歌」の時です。
このエピソードでも鉛筆を借りようとして「ない」「ありました」というやりとりがありました。
加えて、カセットテープを出そうとするとき、最初にテープが入っているポケットに手を突っ込んだのに、反対のポケットを探し、「どこかな?」とやっています。
カチャカチャ音が鳴ってるのに(笑)。
そしてジョニー・キャッシュの鬱陶しそうな顔のカットが挟まれます。
このシーンを見ると、ちゃんと持っているのにとぼけた振りをしているように見えませんか(笑)?
Posted by JAMES at 2015年10月22日 14:19
マッチ(ライター)を忘れる件も今後研究いたします(笑)
Posted by ぼろんこ at 2015年10月24日 07:09
「断たれた音」では犯人から借りたペンで試し書きをして、被害者の残した遺書と同じペンでは…という流れが好きでした。

私もJAMESさんの犯人を油断させる作戦、に一票です。
Posted by どろんじょ at 2015年11月02日 17:25
別れのワインでは、エイドリアンの仲間の会社での事情聴取の時に高そうな
筆記具を借ります。さらに、それを返さずに持って帰ろうとして注意されて
います。これに限らず、コロンボの頭の中はシングルタスクであり、
一つの事が頭を支配してしまうと他の事が全く注意散漫となってしまいます。

他、「犯罪現場でのつまみ食い特集」もお願いします。
Posted by トレモニ at 2015年11月10日 02:57
「別れのワイン」でも真新しい長い鉛筆を自分で出していますね(笑)
Posted by JAMES at 2015年11月10日 12:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.

筆者ぼろんこが1970年代にNHKの総合テレビで刑事コロンボに出会った頃は小学生でした。それから30数年後の2009年にNHK BSで再会した時、その素晴らしさにあらためて感銘し、自分なりの解釈をブログに書きためるようになったのでした。