2017年12月23日

2017年歳末大加筆のトピックス。

ブログ訪問者さんから頂いたアドバイスや情報を検証し、加筆しながら充実化をはかっています。

3話「構想の死角」のジムフェリスの家のキッチンで、チーズを擦る前にすでに、ボウルに擦られたチーズが入っていました。

14話「偶像のレクイエム」のジェリー・パークスを演じた俳優メル・ファーラーは、オードリー・ヘプバーンの元夫です。

19話「別れのワイン」の警官と45話「策謀の結末」の 倉庫で密会する銃の密売人は同一人物です。

22話「第三の終章」と、24話「白鳥の歌」の魔法瓶は同一でした。

23話「愛情の計算」の犯人役ホセ・フェラーはアカデミー主演男優賞を受賞している。女性研究員のダイアン・ ターレイ・トラヴィスは、登場回数7回を誇るエキストラ女優。

36話「魔術師の幻想」の冒頭から一連のシーンで、サンティーニは四角い腕時計をしているが、ジェロームの部屋では丸い腕時計に変化…娘の楽屋ではまた四角になってました。

37話「さらば提督」のチャーリー・クレイの家と、 55話「マリブビーチ殺人事件」のテレサの家は同じでした。シオドア・アルビンスキー刑事を演じたデニス・デューガンは、63話「4時02分の銃声」の監督で、ジョイス・ヴァン・パタンの元夫です。

54話「華麗なる罠」のウェズリー・コーマンの家は、スタール邸ではありませんでした。

その他、コロンボはよく筆記用具を忘れる件コロンボの家族・親戚…などを加筆しました。
 
posted by ぼろんこ at 00:48 | Comment(0) | 刑事コロンボ研究
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.

筆者ぼろんこが1970年代にNHKの総合テレビで刑事コロンボに出会った頃は小学生でした。それから30数年後の2009年にNHK BSで再会した時、その素晴らしさにあらためて感銘し、自分なりの解釈をブログに書きためるようになったのでした。