2009年03月01日

新・刑事コロンボ 61話「死者のギャンブル」

新・刑事コロンボ「死者のギャンブル」
A Bird in the Hand... / 1992[第12シーズン 61話]

ギャンブル好きのハロルドが大金持ちの叔父のビッグ・フレッド殺害を企てるが、実行の直前に交通事故死。自分の仕掛けたトリックで罪の無い庭師を殺害してしまう。実は真犯人はビッグ・フレッドの妻ドロレスというひねり技。

51話「だまされたコロンボ」に近い感覚で「長い作品だな〜」という印象はありますが、悪い意味ではありません。叔母と甥が男女関係にあることには多少の嫌悪感を持ったのは本音です。

良い意味で下品なゲストスター


犯人役の「タイン・デイリー」は(良い意味で)下品さを露にしています。タイン・デイリーが嫌いというわけではありません、あくまでコロンボ作品のゲスト俳優としてです。ラストシーンでのファッションコーディネート(緑のやつ)はある意味、絶品でした。


しかし、大金持ち夫人としては、どうでしょうね? 彼女は64話「死を呼ぶジグソー」にも娼婦役で出演しています。

それはそれとして、新シリーズでは、19話「別れのワイン」のエイドリアンとカレンのような品のあるカップルが全く登場しなくなりました。

またしても「馬鹿は死ななきゃ直らない」


私は成功者の転落劇のようなコロンボ作品が好みですので、こういった「馬鹿は死ななきゃ直らない」風の主人公(ギャンブラー:ハロルド・マッケイン)には魅力を感じませんね。


私が自称「努力家」だからかもしれませんが。しかも、罪のない庭師を殺してしまうこともね〜。そんなことを言い出したら、二人が同日にビッグ・フレッドの殺害を企てるってのも、無理がありますしね。ま、いっか。
 
監督:ヴィンセント・マケヴィティ
脚本:ジャクソン・ギリス
出演:タイン・デイリー、グレッグ・エビガン etc.

加筆:2011年3月2日 
 
posted by ぼろんこ at 20:07 | Comment(12) | 新シリーズ(46話〜69話)
この記事へのコメント
「叔母と甥が男女関係にあること」、たしかにそうですね。ただ、おそらくハロルドはビッグ・フレッドの兄弟姉妹の息子でしょうから、ドロレスとは血の繋がらない赤の他人なので、まあ不倫には違いありませんがOKなのでしょう。
Posted by ころんぽ at 2011年07月31日 17:37
ころんぽさま>おっしゃる通りですね。刑事コロンボの作品中には、初期段階から男女関係にスポットが当たったものが多いのは確かで、それが殺人と緊密な関係であるとも言えます。でも、不思議なことに初期の作品では、それほど嫌らしく感じないのです。
Posted by ぼろんこ at 2011年08月03日 03:43
タイン・デイリーさん、特徴的な眉毛から鼻梁のライン、どこかで見たな〜と考えて、調べてみたら、この人「ダーティーハリー3」でCイーストウッド・キャラハン刑事の相棒役だった女優さんでしたね。イーストウッドを悩ませながら、新人刑事として成長してゆく役でした。あの映画から約12年かな、ずいぶん、貫録がついていましたね。
Posted by 遅れてきたコロンボファン at 2013年06月23日 22:18
遅れてきたコロンボファンさん、書き込みありがとうございます。ダーティーハリー3の「ケイト・ムーア」という新米女性刑事ですね!この映画は私も見たことがあります!楽しい情報をありがとうございました。
Posted by ぼろんこ at 2013年07月02日 11:50
まさに、オイシイところは全部タイン・デイリーが持っていった感じでした。

若き日の彼女の出演作を見る機会がないので、是非見てみたいです。
迫力ある女優さんですね。
Posted by タップおばさん at 2015年05月26日 23:56
タップおばさん>若き日のタイン・デイリー、良いですよ。
Posted by ぼろんこ at 2015年10月03日 00:33
コロンボが、ロールスに乗って登場するところが理解できない。
これは、幻の娼婦において、犯人の証拠である服装の入ったバックをコロンボが
抱え込んで話をしている演出と同じだ。全く、余計な演出だろう。
ハロルドは、ロールスから堂々と爆発物を取り除くべきで、それは可能だと思う。
適当な言訳で下にもぐり込んで、紙袋か何かに物を入れれば済む話なのに。

旧シリーズで第一、第二の殺人があった場合、大抵第二の被害者は共犯者であり、
第一の殺人を完結させるためのものなので、根本の動機は同じであった。
今回は第一の殺人、第二の殺人は、それぞれ別々の動機がある別範疇の事件だ。
これらを一つのエピソードで行うのは、時間的に無理があるだろう。
その証拠に、第二の殺人が発生して以降においては、証拠発見や事情聴取など
大急ぎで進めた感が大きい。犯人が追い詰められたというイメージは薄い。
それどころか、第一の殺人については、立証すら出来ていないし、
あろうことか、コロンボは、第一の殺人を立証する必要はないと断言した。
なんじゃこりゃ??。

やはり、旧シリーズのようなオーソドックスなコロンボでないとダメですね。
Posted by トレモニ at 2015年11月14日 04:14
 BS-TBSにて視聴。
 アメリカは人を殺した金持ちが無罪を買えるだけではない。爆弾の材料とレシピまで売っている。易々と銃が手に入るお国柄が膨大な殺人事件を生んで来たのに一向に正される気配なし。自称イスラム国が銃撃し放題なんて悪夢も簡単に現実になり得るのです。
 なんとまあ、怖い国だこと…
Posted by ふきかえふぁん at 2015年12月24日 02:14
1960〜1970年代のコロンボさんがその時代の背景を反映していたように、1980年代後半から1990年代のコロンボさんがこの時代を反映しているのは仕方ないのだろうなぁと思います。
セックスや暴力的な内容になってしまったことは、今更嘆いても致し方ないことですし、こうしたらいい、などというのはおこがましい上に、出演者や製作者の多くがもう故人であることを思えば、このままを受け入れるしかないのではありませんか?

アメリカという国の不条理さと過酷さは、どのテーマでも垣間見えるように思います。その国の歩んできた歴史を、端から見て批判するのは簡単ですが、そうした見方に固まってしまうと、その国で作られたドラマの真髄を見逃すことになります。
Posted by 宇野富士子 at 2015年12月24日 08:54
 ハロルドを威圧するハッカーの台詞で聞かれるのは芳しき“穴子さん”の巻き舌!若本規夫さんのコロンボ登板はかなり前からですが、『ドラゴンボールZ』のセル役以降である事が当話にも反映されています。彼もハロルドを犯罪に駆り立てる悪〜い存在ではありましたが、途中で消えてしまった。

 宇野富士子さん。
 当話が本国ではバトンルージュで日本人留学生が射殺されて一ヶ月も経たない内に放送された事を知り、当時あの事件にゾッとして、そのような世相であったと思い出したもので、上のように書きました。短絡的な投稿見苦しかったと思います。。。
 数々のトリックを見破り政治家でも国を裏切ったスパイでも容赦無く捕まえて来たコロンボですし知能指数も異常に高いらしい。そんな彼が凡庸な捜査では完全犯罪、お蔵入りにされそうな「不条理さと過酷さ」の中からほつれを見つけて斬り込む捜査ぶりを私は観たいんだと思います。世にあるサスペンスドラマに対する動機と変わり無いでしょう?
 以前なら爆殺などという手法は切れ者かキレてるのか判らない天才の仕事(「死の方程式」)だったのに、当話ときたら行き当たりばったりの犯人に知性も魅力も感じられず…
Posted by ふきかえふぁん at 2015年12月25日 02:34
故人が残したものを褒め、または批判や非難も含めて良い供養になります。
刑事コロンボというドラマに対しては、それぞれ想うところが異なります。
このまま受け容れる必要もないし、だからこういうブログも盛り上がります。
国や歴史レベルまで話を広げるとややこしいですが、「刑事コロンボ」
というドラマに対して個々が持つイメージやモノサシがあります。
それらは変化しますが、そこから観た場合、それぞれのエピソードが
どうなのかを、こういう魅力あるブログ上で批判やコメントし合うことは、
とても良いことだと思います。
また、その内容がどんなものであれ、とても興味深いものです。
今後も遠慮会釈や制限なく、想ったままをコメントしたいです。
Posted by トレモニ at 2015年12月25日 06:12
ふきかえふぁんさん。
お返事ありがとうございました。ご無礼をお許し下さい。

所詮他人の作ったドラマですし、批評家でもないのだから、あーでもない、こーでもない、というコメントが、なんだか私には??な感じです。
しかも、現在進行形ならまだしも、もう何十年も前のドラマなので・・・

銃に関しては、コロンボさんはあの時代にあの国で、珍しいキャラクターだったんじゃないかと思いました。
まず捜査時に携帯しないばかりか、銃の定期的な練習?にも出ず、しかもその練習に替え玉を使うという、現在でもあり得ないような信念の持ち主(^^;
日本はアメリカ映画の真似をしてドンパチ映画やドラマを作っていますが、違和感を否めません。

古畑任三郎が、コロンボさんの格好や外見ではなくドラマの背景にある精神や信念のようなものを表現したくて作られたという話を聞いたことがありますが、ドラマそのものに込められた思惑や意志を汲み取りたいなぁというのが私の思いでもあります。

「不条理さと過酷」なアメリカで、コロンボさんは銃社会そのものへの痛烈な批判だったのではないかと思います。
Posted by 宇野富士子 at 2015年12月25日 08:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.

筆者ぼろんこが1970年代にNHKの総合テレビで刑事コロンボに出会った頃は小学生でした。それから30数年後の2009年にNHK BSで再会した時、その素晴らしさにあらためて感銘し、自分なりの解釈をブログに書きためるようになったのでした。