2010年02月04日

刑事コロンボ 6話「二枚のドガの絵」

刑事コロンボ「二枚のドガの絵」
Suitable for Framing / 1971[第1シーズン 6話]

ぼろんこの考える「傑作コロンボ作品:二枚のドガの絵」


何の前振りも無く、犯人の美術評論家デイル・キングストンが、ピアノ越しに叔父マシューズ氏をズドンと一発やった時には、やはり初期のコロンボは凄いと感じました。徐々に見えてくる殺害動機や犯人デイル・キングストンの人間像。言動などから卑屈な性格も見え隠れします。最初から「誰に濡れ衣を着せる」つもりで犯行を計画した‥などなど、良く練られた素晴らしいシナリオです。この「二枚のドガの絵」は私の好きな作品のトップランクです。

犯人の誘いに乗って、最大のチャンスをモノにする。


コロンボ警部はデイルから自宅の鍵を渡された時が最大のチャンスだと見切っていました。その時のデイル宅には、全く証拠が無いとデイル自身が教えているようなものです。しかも、コロンボが捜査した直後が、絵を持ち帰るもっとも安全なタイミングであると考えたのでしょう。しかし、コロンボ警部が部屋で寝ていたのは誤算でした。それにしても…デイルはうかつでした…トレーシー殺害後、絵をもう一度「包装紙にくるんで」持ち帰るべきだったですね。

→デイル・キングストンの家

犯人が自分から行動を起こすように誘導。


真犯人デイルは叔母のエドナを犯人に仕立てます。相続人が被相続人を殺害した場合、相続権が自分に移るためです。そのためエドナが逮捕されないと、犯行が完成しません。それに目を付けたコロンボはデイルに「絵が出てくるまで、積極的に動くのをやめよう。」と、事件解決を長引かせる提案をします。それでは困るデイルは、急いで行動を起こすのです。

ラストシーンは圧巻です。


コロンボ警部はエドナの屋敷に登場する場面から、ずっとポケットに両手を突っ込んでいますね。しかも、犯人をトン死状態に追い込む会話術(指紋の割出しのくだり)も抜群です。そして、手を広げてみせるあの顔とポーズ。ピーターフォーク以外の俳優では決まらない、まさに完璧なラストです。俯瞰(ふかん)気味の静止画もきれいでしたね。

ちょっとした疑問、意味の無い行動?


作品冒頭の殺害現場を演出する場面では、デイル・キングストンは飾られた絵画や家具を荒らしますが、これは全く意味のない行動だと思いませんか?絵画を盗難する行為と結びつきませんし、あんなことをすれば物音がするので誰かに気付かれる危険が非常に高くなります。殺害時間帯に「近辺に誰もいない」ことを確認済みであったとしても、理解に苦しみますね。ましてやエドナを真犯人に想定しているのであれば…言うまでもありませんね。

ロス・マーティンの演技力に乾杯!


ゲスト俳優ロス・マーティンの演技、台詞、表情が抜群です!特に無名画家のパーティに呼ばれ、ご婦人方に囲まれて「人間万歳!」とはしゃぐ場面や、コロンボ警部の執拗な捜査にいら立ち「おまわり」呼ばわりで激怒する場面は良いですね〜。


デイル・キングストンという人物。


デイルは美術評論家として成功をおさめますが、少し屈折した性格に描かれています。あまり幸せな幼少期を過ごしていない設定で、言葉遣いや素行は決して上品ではありません。業界でも煙たがられていました。

犯人の心理をよく表現している


「コロンボを敵視する」「記憶力が良い」「説明が上手」
デイルはこの3点を備え持っていました。自分にやましい部分がなければ必要以上にコロンボを敵視しません。人の記憶は曖昧で時間の経緯などをなかなか覚えていないもの。自分に容疑がかからない方向の状況説明をぺらぺらとしゃべること。これらは全ては、コロンボが容疑を深める行動なのです。

コロンボ警部はそんなデイルに対し、ラストシーンで「キミ」と呼んでいます。おろかな濡れ衣工作に奔走したデイル。すべてお見通しのコロンボ。二人のパワーバランスが完全に逆転している表現です。

特殊メイクなしでも、魅力的な演技。


ところでこの作品に出てくるエドナ夫人、猿の惑星に出演しているチンパンジーのジーラに似ている気がしてました。と思って、インターネットで調べたら、本当にそうでした。顔の輪郭や仕草がそっくりだったので、もしやと思ったらズバリ!

エドナ夫人を演じた女優は「キム・ハンター」。この後の作品、8話「死の方程式」にはコーネリアスやシーザーを演じた俳優「ロディ・マクドウォール」やアーサス将軍役の「ジェームズ・グレゴリー」も出演しています。

ロザンナ・ホフマン


犯行現場に遅れてきて「誰にも見られなかったか」念を押された共犯の美人美術学校生トレーシー・オコーナー(ロザンナ・ホフマン)の返事「モチよ!」は最高、完全に死語ですよね。


愛川マキを連想するのは…どうか?


トレーシー・オコーナーのキャラクターが、なぜか漫画「エースを狙え」の愛川マキに似ているのでは?と連想してしまうのは、ぼろんこだけでしょうか…。


場面転換にナイスプレー


殺害計画の中に「自分の口封じ」も含まれているとは気づかないトレーシー・オコーナーは、マリブ山中で殺されてしまいます。その殺害シーンは、岩を持って襲いかかるデイルに恐怖する彼女の表情から、「キャ〜」という絶叫もに聞こえる「(デイルが帰宅する)クルマのタイヤ音」で場面転換しています。見事な手法ですね〜。

ドン・アメチー


マシューズ氏の顧問弁護士の紳士(ドン・アメチー)も良かったです。18話「毒のある花」のラング社長役の「ビンセント・プライス」と雰囲気が似ていますね。


原題は「フレーミングにふさわしい」


原題の「Suitable for Framing 」は直訳「フレーミングにふさわしい」ですが、エキサイト翻訳では「二枚のドガの絵」と出ました。凄いですね、コロンボの作品名が辞書登録されているようです。他にもこのような例が多くありました。

ロス・マーティンとピーターフォーク


ロス・マーティンはポーランド出身の舞台俳優で1920年生まれ。ピーター・フォーク(1927年生まれ)よりも7歳年上でかつてはピーターフォークの演技の師匠であったそうです。16話「断たれた音」のローレンス・ハーヴェイが監督・主演の映画「脱走計画」にも出演したそうです。その他、警部マクロードやチャーリーズ・エンジェルにも出ているようです。

ドガについて勉強しよう


エドガー・ドガ(Edgar Degas:1834-1917)はフランスの印象派の画家、彫刻家。本作の題材は踊り子のパステル画でドガの得意分野とされます。いわゆる「二枚のドガの絵」は、どこで見ることができるか?現在調査中です(笑)

 
監督:ハイ・アヴァーバック
脚本:ジャクソン・ギリス

デイル・キングストン:ロス・マーティン
エドナ夫人:キム・ハンター
トレーシー・オコーナー:ロザンナ・ホフマン
顧問弁護士:ドン・アメチー

加筆:2015年11月28日 
 
posted by ぼろんこ at 18:39 | Comment(20) | 初期作品(1話〜9話)
この記事へのコメント
コロンボが始まった頃は受験生でした。テレビは見られず、その後も再放送でたまに見る程度。ビデオもない時代でした。その後何十年も時間がたち、コロンボ全作品を見る!と決意した私はレンタルで借りはじめ、目下30作品見ました。このプロジェクトにあたり、ぼろんこさんのブログに行き当たりました。先ずぼろんこさんの文章を読んで概要をつかむ→実際のドラマを見る→ぼろんこさんの文章で再確認、という手順をとっています。わかりやすい説明でほんとに助かってます。見どころもよくわかるし。予習・復習させてもらってます。コロンボを心底愛しているぼろんこさんの書く、親切な文章にも好感をもっています(昨今のネット上の誹謗中傷、悪口に満ちた下品な文章を、つくづく嫌に思ってます)。
本作品のトレーシーのせりふ「モチよ」は私も大笑いしました。今の人は理解できず「餅よ、って何?」と思うでしょうね。最後、コロンボが手を広げる場面は圧巻でした。では。
Posted by 森山薫子 at 2013年07月26日 14:13
森山さま、コメントありがとうございます。私の稚拙な文章を、楽しみにして下さって、とても嬉しいです!

「ぼろんこ」は、最初はブログの日記の1カテゴリーとしてスタートし、あまりにコロンボの日記ばかりになったので、独立させました。そしてその後、作品の順番ごとにまとめ直しました。

まだまだ「コロンボを愛しきれていない(厳しい評価の)記事」も、残っているのですが、将来的には、どの作品からも「楽しめるポイント」を見つけて、肯定的な記事として書き直したい…というのが目標です。

ちなみに本作品「二枚のドガの絵」のラストシーン「コロンボが手を広げる場面」は、思わず「ウマイ!」と叫んでしまいますね。追いつめられたデイル・キングストンを哀れむような表情も素晴らしいですね!人気ランキングに1票追加しておきます。
Posted by ぼろんこ at 2013年07月26日 14:52
ぼろんこ様
いつも楽しく拝見させて頂いております。
例によってbsプライムの放送を見てからやってきました。
この作品は今回で2度目の鑑賞ですが(初見は数年前にDVDでレンタルしました)、やはりあの「もちよ!」はみなさんツボなんですね。

個人的には「そうは問屋がおろさない」も大好きですね。
Posted by ブロッコリー at 2013年11月02日 19:36
ブロッコリーさん、書き込みありがとうございます。
「そうは問屋がおろさない」は、確かに名言です!爆笑しています。私は「人間万歳!」も大好きです。
Posted by ぼろんこ at 2013年11月06日 13:29
「刑事コロンボ」を楽しみに見ていたのは、まだビデオがない小学生〜中学生の頃でした。当時、文庫本サイズの刑事コロンボの小説が出ていて、その巻頭に少しだけドラマ場面のカラーページが入っていました。その小さな画像の荒いページを切り取り、小さな額に入れて大事に部屋に飾っていたのを懐かしく思い出します。

シリーズの中で、この「二枚のドガの絵」は私もトップに入る大好きな作品です。最後コロンボが手袋をはめた手をさっとポケットから出すシーンが本当に印象的で、やはりコロンボファンだった同級生とそのシーンのマネをして盛り上がった記憶があります。

旧シリーズも新シリーズも一通りは見ているのですが、最近十数年ぶり!?に改めてBS放送されているノーカット版を見て楽しんでいます。そんな時、このぼろんこさんのブログに出会った次第です。ぼろんこさんの刑事コロンボに対する愛情が伝わってきます。ストーリーから俳優さんに至るまでのぼろんこさんの様々な解説に「え、そうだったのか!!」と驚くこともしばしばで、今また昔見た時とは違った楽しみ方をさせて頂いております。

これからも放送のたび、お邪魔させて頂きますね。
Posted by ぽち at 2013年11月25日 22:27
ぽちさん、温かいメッセージを頂き、ほんとうに感激です〜。これからも、文章を増やしてゆこうと思います!

「刑事コロンボは永遠に不滅です」ね。久々に見ると、本当に感動しますよね!特にこの「二枚のドガの絵」は傑作ですもんね〜。1票追加しておきますね。
Posted by ぼろんこ at 2013年12月03日 12:25
初めてコメントいたします。偶然ブログを拝見しました。私は,小学生のころ,NHKで週末,夜9時からの放送(多分)を見ておりました。コロンボの鮮やかな推理と,犯人を追いつめる言動,見た事も無いような,アメリカの豪華な住宅やインテリア,出演者の素敵なドレスや,ファッションなどにワクワクしていました。当時は今の再放送の時のようなドラマの静止画でなく,抽象的な地味な背景とともに,テーマ音楽が流れていましたが,ぼろんこさんは覚えていらっしゃいますか?

二枚のドガの絵は白黒テレビで見ていましたのに,カラーの再放送を見ても全く違和感がありませんね。
ドラマの始まりに被害者が弾いている郷愁を誘う優しいメロディーは,ショパンのエチュード,「別れの曲」冒頭の部分なのですが,この後の展開部分では,不安を駆るような不協和音的なメロディーが続きます。実は最初に犯行が行われていくときのBGMとして,この展開部分がうまくアレンジされて使われているんですよね。
当時この音楽が,犯人のアリバイ作りの情景と合わさってとても印象に残っていました。私はピアノを習っていたので,後年,それがショパンの曲と知り,刑事コロンボに使われていた曲としてとても思い入れがありました。

他のお話にもクラシックがうまく使われていて,再度見直す楽しみにもなっています。
コロンボが,ずうずうしく絵の入っている手提げに手を突っ込むところが,とても印象的でしたね。偶然なのか,確信があったのか,,,。とにかくコロンボは見かけとは違い,とってもスマート!かっこいい!と子供心に憧れていました。

うろ覚えのお話も,このブログで思い出したり,とても参考にさせていただいています。有難うございます。
Posted by ソレア at 2014年04月15日 23:54
ソレアさん、はじめまして!すてきな文章をお寄せいただき、ありがとうございます。そうですか、最初は白黒テレビで!懐かしい時代ですね〜。

私は当時小学生でして、学校では誰とも話が合いませんでした(笑)親戚の家にお邪魔した夜も「コロンボが見たい」とお願いして、その親戚家族全員で見た記憶もあります。

使われているクラシック音楽にもとても興味を抱いて、今でもよく聴いていますよ〜。
Posted by ぼろんこ at 2014年04月18日 20:37
自分の中でトップ3に入る作品です。

ロス・マーティンはかつてピーター・フォークに演技を指導しており、いわば師弟共演であるということはファンの間でも有名ですが、
両名とも素晴らしい演技でした。

このデイルという役はコロンボよりも年下と思われますが、
(コロンボがデイルに対して「君が〜」と話していることから推察)
実際はマーティンのほうがフォークより5.6歳ほど年上。
フォークが老けてるのかマーティンが若々しいのか。
そんな目線で見ることもできて興味深かったです。
Posted by タップおばさん at 2015年05月14日 19:37
タップおばさん>「トップ3に入る作品」に納得です。ロス・マーティンの「憎々しい」演技が冴えています。
Posted by ぼろんこ at 2015年10月02日 21:57
清々しくない犯人だった。
最後も自らの愚かさを露呈して反省も何もない。
最後を大別すると、反省するヤツとしないヤツがいますね。
もしも知名度抜群の名優だったら、反省するほうのストーリーに
するのでしょう。
たとえば、24白鳥の歌でのジョニー・キャッシュの終わり方は、
すごく不自然だった。「自首しようと思っていた」だなんて、
流れからはあり得ない。
Posted by トレモニ at 2015年10月31日 19:24
デイルの憎たらしさはシリーズを通してみても出色ですね。ロス・マーティン氏や吹き替えの西沢氏の演技も素晴らしいものでした。
犯人が同情できない徹底した悪党であるだけに逆トリックの爽快さは別格です。
Posted by すぴっつ at 2015年11月15日 10:33
いきなりドーン!!、これで良いんです。
殺害動機なんて、コロンボが出てきてから何度も出てくるので、
こちらからすれば、コロンボ目線で観れるというものです。

これも通話履歴が引っかかります。
トレーシーからデイルへ何度も電話しているのに、なぜ通話履歴を
調べないんですか?。がっかりですね。
いや分かりますよ、そんなところで犯人が追い込まれてしまえば、
劇的な最後を曇らせてしまうからですけどね。なんだかなあ〜。
Posted by トレモニ at 2015年11月17日 02:56
初めてコメントします。
ぼろんこさんの考察楽しく拝見しています。私は現在30代で、幼少の頃は金曜ロードショー等で「刑事コロンボ」をたびたび放送していたと記憶しております。そんな幼い頃の記憶で最も鮮烈に覚えているのがラストのポケットから手を出すシーンでした。こういった思い出を共有出来るようなサイトに出会えてとても嬉しいです。今のところ全作品を一周して観終えました。一つ作品を観終える度にこちらで理解を深めております。二週目、三週目も補完のためにこちらを利用させていただきたいと思います。
追記:現在では地上波で放送しても数字を取れないコンテンツなのかなぁと思うと少し悲しいです。昔みたいに地上波で放送しないかな。テレビ持ってないですけど。
Posted by パグ at 2015年12月16日 11:50
この作品に2票追加します。
Posted by ぼろんこ at 2015年12月17日 21:33
トレーシー・オコーナー殺しの立証は、どうなってるんでしょうか?。
途中から全く忘れ去られてしまった感じがして、可哀そうです。
あのままでは、自白でもない限り、罪に問えなくなります。
デイルだったら、物証が無い限りはシラを切り通すでしょう。
ストーリーとしては財産目当ての犯行がメインなので、その立証さえ
できれば一件落着ではありますが、同じ人の命なので忘れないでほしい。
Posted by トレモニ at 2015年12月22日 07:16
先日、久しぶりに本作を見ました。

子供の頃に一度見ていますが、最後に手袋をした両手をポケットから出すシーンだけが鮮明に記憶に残っていただけなので、懐かしく最後まで食い入るように見てしまいました。

あらためて見てみると、解決シーンまでの流れの中に様々な布石!?が置かれていたんだなあ、と感心させられましたよ。


※蛇足ですが、私はピアノを弾くので、冒頭でマシューズ氏が演奏していたのがショパンの『別れの曲』という事もあって、一気に引き込まれたのも事実です。

そして、作品中で最後まで何度も流されていたBGMは、その『別れの曲』の最高潮・最難度の部分を使ったものである点も、今回初めて気づきました。
Posted by キン肉マン at 2016年01月27日 23:00
二枚のドガの絵はエンディングが最高ですね。

実はこれ、小説だとまた違った表現がされていて、そこが良かったりします。

ネタばれになるので、決めの台詞は書きませんが、その瞬間がまさにコロンボって感じです。

小説通りの脚本で小池朝生の声でその台詞を聞いてみたかったです。
Posted by ぽこ at 2016年02月07日 21:39
コメントありがとうございます。私もイチオシの作品です。2票追加いたします。
Posted by ぼろんこ at 2016年05月04日 18:35
原題「Suitable for Framing」は2重の意味がありますね。
ボロンコさんがおっしゃるように額装にふさわしいという意味ですが英語では『Frame』というと『濡れ衣を着せる』という意味もあります。
なのでこのタイトルはFrameをその両方にも取れるということではまさに絶妙なタイトルと言えると思います。
Posted by 天国の海 at 2017年07月20日 16:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.

筆者ぼろんこが1970年代にNHKの総合テレビで刑事コロンボに出会った頃は小学生でした。それから30数年後の2009年にNHK BSで再会した時、その素晴らしさにあらためて感銘し、自分なりの解釈をブログに書きためるようになったのでした。