2009年08月05日

刑事コロンボ 41話「死者のメッセージ」

刑事コロンボ「死者のメッセージ」
Try and Catch Me / 1977[第7シーズン 41話]

人気女流ミステリー作家の「アビゲイル・ミッチェル」が「ヨットの事故で亡くなった姪」の夫エドモンドを殺害。今回は金銭的な利害ではなく、姪が死んだ責任はエドモンドにあると推理したアビゲイルが、その復讐を企んだもの。

ゲストスター のルース・ゴードンが素敵!


この作品も過去に見たときの印象がとても強かったです。まずゲストスターのアビゲイル・ミッチェル役:「ルース・ゴードン」が、素晴らしかったです。小柄な女性ですが、その小柄さと独特の仕草があいまってとても可愛らしく描かれていたと思います。


コロンボ警部が講演会のスピーチでも語っていますが「時には殺人犯を尊敬し、好意を抱くこともある」とは、まさにこの話のアビゲイル・ミッチェルを指しているのではと思われる程、お互いに敬意を表しながらストーリーは進みます。どこか19話「別れのワイン」に共通する雰囲気を持っている作品だと思いました。飛行機での旅行や、窒息死などの類似点もあります。

マリエット・ハートレイも魅力的


22話「第三の終章」にも出演のマリエット・ハートレイが演じた秘書のベロニカもとても良かったと思います。ゲストスターの犯行を見抜いて恐喝する脇役はたくさんいますが、「殺されなかった」ことも、この作品を美しく感じさせる要因となっています。この点も「別れのワイン」に通じますね。


計画殺人モノとしての醍醐味


シリーズ中最も人気の高い「別れのワイン」は計画殺人ではありません。その点、この作品ならではの楽しめる点も多いのです。冒頭のベロニカとの会話のシーンでは、エドモンドが金庫から大声を出しても外に聞こえないテスト。そして、ストップウォッチを覗き見する時の表情も見逃せません。

弁護士のマーチンは鋭い


また、遺書にサインした直後に「不審な死をとげた」エドモンドですが、抜群のタイミングで起きたこの事件に対し、弁護士のマーチンは「最初からアビゲイルが怪しい」と睨んでいたと思われます。旅立つ直前(犯行直後)に、金庫の前に立っている彼女と遭遇していますし…。船で口走った意味深な言葉はダメ押し的でしょう。

エドモンドの車のキー


ベロニカが「エドモンドの車のキー」の入手後、しばらくはアビゲイルの様子を伺っているのも、上手いな〜と思います。そして自ら恐喝に打って出ました。予期せぬ出来事「エドモンドの車のキー」の処理について、アビゲイルは2回キーを捨てるチャンスがありました。最初は犯行直後、2回目は警部の犬の散歩で出会った埠頭。推理小説の巨匠でも、生身の人間の行動においては、冷血な判断ができなかったのでしょう。キーは捨ててしまった方が良かったのです。

コロンボ警部の刑事哲学を感じました。


事件解決のエピソードはここでは語りませんが、ラストシーンで「特別扱いしてもらうわけではないが、この年だし、害のない人間だし…」と、見逃して欲しい…とすがるような態度を示すアビゲイルでした。ここでコロンボ警部が「先生も私も立派なプロですから」と諭した場面は、深く心に残るものです。コロンボにしてみれば、その動機から考えても同情したい気持ちは大きいのだが、「プロとして見逃すことはできない」ということでしょう。それはまた「殺人を扱う作家の完全殺人計画」が失敗に終わったことを認めた今、責任から逃避しないことを彼女に求めたのだと思われます。

ナイチンゲールはサヨナキドリ。


犯行の準備をするシーンで「何か聞こえる?ナイチンゲール?」のくだりがありますが、ナイチンゲールはサヨナキドリで鳴き声が美しい小鳥。「墓場鳥」とも呼ばれるそうで、コロンボ警部と初対面の日「警部がピアノでThis Old Man」を弾いた後、バーク刑事がドアを開けたシーンなどで庭から聞こえてくる鳥の鳴き声が、そのナイチンゲールなのでしょうか。
 

アビゲイル・ミッチェル邸。


ネットで調べたら「死者のメッセージのロケ現場」らしき場所の地図が見つかった。ぜひ拡大してみてください。おぉ、ベロニカから恐喝をほのめかされた庭らしき形状がわかります。本当だろうか…。
 

バーク刑事B


バーク刑事Bは「ジェローム・グアルディノ」。この他の刑事コロンボ作品に多数出演しています。他にも「バーク刑事A」が存在!


▼関連記事
- 美しい音楽とともに展開する「死者のメッセージ」

監督:ジェームズ・フローリー
脚本:ジーン・トンプソン、ポール・タッカホー

アビゲイル・ミッチェル:ルース・ゴードン
秘書ベロニカ:マリエット・ハートレイ
エドモンド:チャールズ・フランク
マーチン弁護士:G・D・スプラッドリン

加筆:2015年4月30日
 
 
posted by ぼろんこ at 11:28 | Comment(30) | 後期作品(32話〜45話)
この記事へのコメント
ルースゴードンの可愛くも達者な演技に持ってかれてますね。でもこの頃のコロンボ警部はちょっと凛々しい感じですね。アドリブや遊びが少ない気がします。
Posted by Deto at 2012年12月21日 00:29
先程、拝見しました。
とても面白かったです!

ルースのお茶目な演技は、日本人の女優さんでもけっこういらっしゃるんじゃないでしょうか^^
アメリカにしては、背が低すぎるルースですが
そこもまた、彼女の魅力なのですね。

時折見せるダンスを想像させる軽快なステップは、見ているコチラまで楽しく軽やかな気持ちになってきます(笑)

コロンボの愛犬ですが、日本語訳では「犬!」って言ってましてけど・・(笑)
ラストの埠頭のシーン
「こいつは海が好きなんです、浮かれますから」
「訓練させてますから」
の下りは、笑えるシーンでした(笑

コロンボのスピーチ、とても感銘を受けました!
「あたしゃこの仕事が心底好きなんです」
他の作品IQ集団の犯人に諭したセリフもそうでしたが、仕事が好きな警部・・うーんカッコイイ!
仕事で憂鬱になる事もない、言ってみたいですわ♪
しかし、ゲストスター並びにスペシャルゲストスターは二枚目俳優、美しい女優さんが多いですね。
今回の作品も、マリエットとても魅力的でした。
Posted by とっしーー at 2014年02月23日 23:40
Detoさん、コメントありがとうございます。ルース・ゴードンさん素敵でしたね〜19世紀生まれです(笑)
Posted by ぼろんこ at 2014年02月27日 13:34
とっしーーさん、コメントありがとうございます。コロンボのスピーチは、印象深いですね。私はこのスピーチは「刑事コロンボ」というテレビドラマの主題に通じるような気がします。「人殺し」をテーマに扱ったドラマ作品ですが、犯人を醜く描くことは少ないですよね。そこもコロンボ作品の魅力です。
Posted by ぼろんこ at 2014年02月27日 13:46
管理人さん、お疲れさまです。いつも楽しく拝見しております。
私はアゲイルのファッションが気になりました!
コロンボに出ているセレブの女性はたいがい羽のついたネグリジェみたいな格好ばかりですが...アビゲイルの派手すぎない小粋なファッションは本当に素敵です。
Posted by えり at 2014年05月22日 10:39
2度目の投稿ですm(__)m


刑事コロンボの動画を見始めたのが、26話以降だったと思います。
これで40話くらいまで見て、1〜25話の存在に気づき、今に至ります(笑)

この話のぼろんこさんの説明を見て、驚いてしまいました ((((;゚;Д;゚;))))
それは何故かと言いますと・・
昨日、実家でワイン&梅酒を飲みまして、この際だから、以前みた「別れのワイン」を見て
コロンボワールドに浸ってみよう・・と思ったからでした。
そして、今日この作品を見て、ぼろんこさんの「どこからしら雰囲気が似ている」をみて
オオー!と思ったのです(´ー`*)
僕も、先程、この雰囲気の類似点に気づいたので♪


その他の共通点は、やはり「表情」だと思います。ぼろんこさんも書かれていますが、別れのワインのコロンボの表情、そしてカッシーニの表情。
特に、コロンボの表情の豊かさに、鳥肌が立ってしまいました(驚)
素晴らしい俳優さんだなと、以前から思っていましたが、見れば見るほどに本能に伝わってくるコロンボ=ピーター・フォークの凄さ☆☆☆

長くなるので、これで終わりますが、脱帽の一言です!!


Posted by とっしーー at 2014年07月05日 22:01
とっしーーさん、いつも書き込みありがとうございます!この作品「死者のメッセージ」と「別れのワイン」は、似た雰囲気を持っていますね。犯人が真の悪人とは言えないし、殺人を犯したといえども、まだ、尊敬に値する人物だということです。今回のコロンボ警部のスピーチ…には、感動しました。そこにはコロンボの原点があるような気がします。
Posted by ぼろんこ at 2014年07月15日 22:56
 はじめてコメントします。最近コロンボにはまってDVD買って学校休みの日などはずっと見ています。高校の友達に勧めてもあまりみんな興味を示してくれなくて・・・(・_・;)ぼろんこさんのサイトも楽しく拝見させていただいてます。
 
 僕は古畑任三郎も好きなんですが、やはり古畑はコロンボの影響を色濃く受けているんだなと感じました。この「死者のメッセージ」を見て古畑シリーズでに似たのがあったのを思い出しました。年老いた女性脚本家が犯人の回で、しかも最後に犯人が古畑に高齢を理由に見逃してほしいとお願いするんです。もろパクリっぽいなと思っちゃいました。でもその犯人に対する古畑の返答もなかなかいい感じなんです。
 多分今更だと思いますが、古畑自身もコロンボに似てますよね。尊敬できる(?)犯人には敬意を払うところとか。2つの作品を比較しながら見るのも楽しくていいなと思いました。拙い文章ですみません(^-^:)
Posted by たかちん at 2014年07月16日 23:13
たかちんさん、コメントありがとうございます。高校生なんですね!おぉ、お若い。三谷幸喜さんのコロンボ評をテレビで拝見したことがあります。その深い愛に共感しました。古畑作品は、コロンボへのオマージュというか、愛の表現として作品を焼き直している感じもします。また、ぜひコメントを下さいね〜。
Posted by ぼろんこ at 2014年08月13日 23:46
古畑任三郎はコロンボへのオマージュが込められていることはあまりにも有名ですが、

この回に登場するシナリオ、セリフは、古畑の多くの作品に使われています。

確かに印象に残るエピソードです。
私利私欲や保身ではなく、愛する姪の仇討ちが殺害動機という点も、物語の格式を上げている感じです。
Posted by タップおばさん at 2015年05月14日 21:07
タップおばさん>三谷さんもこの作品が好きなのでしょうね!
Posted by ぼろんこ at 2015年05月22日 19:26
 刑事コロンボが大好きで、趣味の模型製作をするときにブルーレイソフトをつけっぱなしにして何回となく観てます。(ちなみに吹き替え派です)
 「死者のメッセージ」のアビゲイルは実に魅力的な人物だと思います。
 成功しているのに全く恵まれない。姪は殺され(しかもわかっているのにそれを表に出せず)信頼できるはずの秘書や顧問弁護士の本心。聡明で全部わかっているのにどうにもできない。
 ラストシーンのやり取りは本当に素晴らしいと思います。
 
Posted by バーディ at 2015年05月24日 10:06
趣味の模型製作&コロンボBGM…なんて贅沢な時間でしょう。そうなんです!コロンボは「音だけでも十分楽しめます」ね!
Posted by ぼろんこ at 2015年06月13日 18:06
最高傑作の一つです。
罪を憎んで人を憎まず愛し尽くす。コロンボの演説シーンが最高の
見所です。コロンボの本質を語っています。殺しの序曲では過去を
語っています。ここでは、現在を語っています。
2つ併せると、コロンボの本質が見えてくるでしょう。

犯人は根っからの悪人ではなかった。
もし、当初の捜査をコロンボが担当していたらと、
悔やんでも悔やみきれなかった。
動機に深く入り込んでいって、反省を促していく。
コロンボは犯人を好きになり、犯人はコロンボを好きになる。
別れのワインと並んだ最高傑作です。
Posted by トレモニ at 2015年10月31日 20:33
トレモニさんコメントありがとうございます。この作品に1票加えておきますね!
Posted by ぼろんこ at 2015年11月04日 16:09
コロンボが自らを語った全文です。

科学捜査なんて何にも知らないんです。それから私の仕事が、恐るべき暗黒
っていう点でも正直言いますとねえ、これもあんまり自信がないんです。
私は自分の仕事が大好きでしてねぇ、憂鬱になることなんざぁ有りません。
また世界中に犯罪や殺人犯が満ち溢れているとも思いません。みなさんの様な
良い方がいっぱいだし。刑事をやってたからこそ、皆さんにもお目にかかれた
わけだし。あたしゃ人間が大好きです。今まで出会った殺人犯の何人かさえ
好きになったほどで、時には好意を持ち尊敬さえしました。やったことにじゃ
ありませんよ。殺しは悪いに決まっています。しかし犯人の知性の豊かさや
ユーモアや人柄にです。誰にでも良いところはあるんです。ほんのちょっと
でもねぇ。こりゃ刑事が言うんだから間違いありません。

コロンボ自らの言葉によるコロンボ分析で良いのは「死者のメッセージ」
と前回「殺しの序曲」です。犯人の言葉によるコロンボ分析で良いのは
「殺人処方箋」「死者の身代金」です。
すばらしい内容でした。
Posted by トレモニ at 2015年11月21日 19:08
犯人の愛嬌ある仕草が、かわいらしく微笑ましいです。
車の鍵は捨てても良かったですね。
石膏で形を取っていた。→フレデリック・ウイルソン刑事に言わせると
ダメですよ。
ベロニカのダンスレッスン中の聞き込みでは、コロンボの吹き替えが
違いますね。コロンボは、この聞き込みで買収工作を暴いた。
「指輪の爪あと」「狂ったシナリオ」「権力の墓穴」などでもそう
だったが、事件後の買収工作は犯人の命取りになる。
電球のソケットの中に決定的証拠があった。
これは「死を呼ぶジグソー」でユージンエドワード・アーバック宅の
ピースの隠し場所と同じでした。
Posted by トレモニ at 2015年11月23日 02:08
ダンスはベリーダンスでしょうかマハラジャって感じです*\(^o^)/*
Posted by コロンボ好き at 2015年11月25日 18:18
弁護士役を演じたG.D.スプラドリン。「地獄の黙示録」では主人公に極秘任務を命じる将軍役でした。いわゆる「軍人俳優」。日本で言えば藤田進や山村聡(古いか?)といったところでしょうか。端正な弁護士役も似合っていますね。
Posted by 南部煎餅 at 2015年11月25日 22:49
初めまして。いつも楽しく拝読しています。

アビゲイルは上品で知的、かつユーモアもあり、
正に「チャーミング」という言葉がぴったりだと思います。
殺人の動機も私利私欲ではありませんし…

ところで、今回BS-TBSで見ているのですが、
放送に気づいたのが遅かったため、
初期の傑作の多くを見損ねたのが残念です。
Posted by ちょびはな at 2015年12月12日 03:48
ちょびはなさん「初期の傑作の多くを見損ねた」のですね。でも、また再放送はあります。近年、何度もありました。それがわかればまたお伝えします。
Posted by ぼろんこ at 2015年12月17日 22:13
南部煎餅さん、G.D.スプラドリンは調べておきます!
Posted by ぼろんこ at 2015年12月17日 22:14
娘はこれが一番スキ!といってます。
パトリック・キャシディの音楽が素晴らしい!
バッハ風のハープが絶品ですね。
キャシディはホントにセンスありますね。
映画「ハンニバル」でのオペラも素敵です。

新・刑事コロンボでも担当されてますが、音楽指示?があったのか、色っぽいサックスの曲が多く
ガッカリしました・・・
Posted by 本屋 at 2015年12月30日 19:28
アビゲイル・ミッチェルのキャラクターがいいですね。とにかくチャーミングなおばあちゃんで、かつ知性もにじみ出ています。コロンボの連れたドッグを見て「どこか悪いんですか?おなかが地面にくっつきそうですよ」なんてセリフも笑えます。
証拠はかなり弱いともとれそうです。しかしハッキリ犯人を名指ししているため、複数の解釈ができてしまうというダイイング・メッセージの弱点をクリアしています。また、犯人が偽造したという可能性も、メッセージをわざわざ見つけにくい場所に隠すメリットがないため否定できます。というわけで、実は意外と説得力のある解決ではないでしょうか?
恨むべくは邦題です。証拠がダイイング・メッセージであることをばらしてしまったのも同然で、そういう意味で「溶ける糸」や「黄金のバックル」と同じ損をしたエピソードだと思います。
Posted by すぴっつ at 2016年02月26日 18:24
コロンボがスピーチをする場面がありますが、僕はあのスピーチ、結構好きです。
コロンボがああいう話をすること自体も珍しいと思いますが、「あたしは人間が好きだ」という台詞が学生ながらに、印象深く残りました。
Posted by パルニャス at 2016年03月03日 21:43
BSで「刑事コロンボ」を見た後、楽しく拝見させて頂いています。
この「死者のメッセージ」(邦題)のエピソードは、名スピーチの場面を通じてむしろ刑事コロンボのメッセージのように思えてきました。
「どんな人(凶悪な殺人容疑者)でもよいところはある。」というくだりは、このシリーズは推理ものを超えた人情味あふれたドラマであると総括したように聞こえるのです。
 またこの言葉を裏を返すと、傍から見て誰もが羨む社会的地位、名声、富を得たセレブたちが、心は決して満ち足らず、殺人という非常手段により転落していく姿に対し「足るを知る。」を弁えよ、と発しているように思えるのです。
 「白鳥の歌」「愛情の計算」「秒読みの殺人」などは人間コロンボが全開で涙なしでは見られませんでした。
 ぼろんこさん、これからもちょくちょく拝見させて頂きます。
Posted by みぽ太郎 at 2016年03月04日 12:41
こんにちは、いつも楽しく拝読しています。

本筋とは関係ないのですが、コロンボがアビゲイルが講演をする建物に入っていくときに、靴の甲を反対側の脚のふくらはぎのあたりでゴシゴシとこすっているのがなんか面白くて。立派な建物に汚れたくつで入るのはまずいとでも思ったのでしょうか?いかにもコロンボがやりそうな仕草だなーと笑ってしまいました。

ああいう動きは、演出なのか、それともP.フォークのアドリブなんでしょうかね。
Posted by minmin at 2016年03月04日 21:26
みなさん、楽しい書き込みありがとうございます。

スピーチ!私も大好きです。
音楽は、パトリック・キャシディですね、素敵です!
アビゲイル・ミッチェル、
最後に、見逃して欲しい…ような言葉も可愛い。

「靴の甲を反対側の脚のふくらはぎのあたりでゴシゴシ」
気づきませんでした!見直しておきます。

本作品に2票加えます。
Posted by ぼろんこ at 2016年03月11日 20:31
 BS-TBSの連日放送が終了しましたが、全エピソードを2周観て記憶に刻まれたり、記憶違いに気付いたり様々楽しめました。スーパー!ドラマTVでも放送されていますし、BS-TBSでは毎週土曜に残りを放送して行くようです。

 そんな中、倒叙形式を採用するなど『コロンボ』愛に溢れたドラマ『古畑任三郎』が4/29からBSフジで放送されます。
 平日夕方5時から2話ずつ=2時間枠というBS-TBSの『コロンボ』と同じ時間帯に一挙放送。作者の傾倒ぶりと元ネタとの比較でまた楽しめそうです。もう半年早く始めたらもっと良かったのに(苦笑)
Posted by ふきかえふぁん at 2016年04月27日 02:28
ふきかえふぁんさん、情報ありがとうございました。
Posted by ぼろんこ at 2016年05月04日 14:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.

筆者ぼろんこが1970年代にNHKの総合テレビで刑事コロンボに出会った頃は小学生でした。それから30数年後の2009年にNHK BSで再会した時、その素晴らしさにあらためて感銘し、自分なりの解釈をブログに書きためるようになったのでした。