2010年04月24日

主演:ピーター・フォーク

刑事コロンボのオープニングで毎回表示される
「PETER FALK」「AS」「COLUMBO」
ピーター・フォークという俳優は、数々のテレビドラマや映画に出演していますが、コロンボという架空の刑事をあたかも実在の人物のように生きた人であったと思います。

イタリア系で葉巻好き、家族を愛し、仕事に生きる。そんなコロンボですが、ピーター・フォーク本人はロシア系の父とポーランド系の母との間に生まれたそうです。コロンボ役に親しんだ私はてっきりイタリア系の人だと信じ込んでいました。

1960年に最初の結婚をし、2女をもうけながらも1976年に離婚、刑事コロンボ38話「ルーサン警部の犯罪」で共演したシーラ・ダネーズと再婚しています。妻となったダネーズはその後も数回にわたり、刑事コロンボシリーズに出演しています。

また、6話「二枚のドガの絵」のロス・マーティンはかつての演技の師匠、10話「黒のエチュード」のジョン・カサヴェテスや、脇役で活躍したヴァル・アヴェリーなどとは公私にわたる友人関係で、気に入った仲間と作り上げてきたライフワーク=刑事コロンボだったと言えるでしょう。

それぞれの作品は、制作年代とピーター・フォークの実年齢、または見る側の年齢を比較してみると面白い見方が出来ます。私は2010年4月現在46歳ですが、子供の頃に見ていた「コロンボ警部」は丁度今の私くらいの年齢だったと思われます。

あまり映画などには興味を持たない私ですが、生涯を通じ最高に好きな俳優は誰か?という質問をされれば間違いなくピーター・フォークであると答えます。

加筆:2014年2月27日
 
posted by ぼろんこ at 21:21 | Comment(5) | コロンボ警部の人となり
この記事へのコメント
ぽろんこさん、
このサイトはいいですね〜.
わたくしもP・フォークは大好きです。
60年代に米TV[ミステリーゾーン](原題「トワイライトゾーン」)のシリーズにも出演してますよ、独裁者の役で(鏡)という回です。
さて、この刑事コロンボを70年代にNHKでリアルタイムで観れたことにも感謝してます。
その70年代に我が国内でコロンボような刑事ものをTVでやったとしたら、のちに古畑任三郎がありますが、
あくまでも70年代にです。そして古畑にようにVTRで一時間物ではなくフィルムでたっぷり2時間以上かけて1〜2ヶ月に一度程度に、コロンボ的な刑事役もですが犯人ゲストを想像するのも楽しいです。勿論、大物や名優で
あまり悪役や犯罪者をやったことのない俳優さんを、自分のイメージでは
男優では 宇津井健 二谷英明 加山雄三 坂上二郎 財津一郎 天地茂 石立鉄男 三船敏郎 
仲代達矢 中村敦夫 若山富三郎etc,,。
女優では 森光子 栗原小巻 大原麗子 酒井和歌子 岸恵子 三田佳子 倍賞千恵子etc,,.。

変なことを書いて申し訳ありませんでした。
Posted by 流星 at 2015年06月21日 08:25
流星さん、コメントありがとうございます。たいへん楽しく読ませて頂きました。お返事が遅くなり恐縮です。
 
夢は膨らみます!
 
主役は誰にしましょう?
江守徹さんなど、好きです。
 
第1作の犯人役は仲代達矢で!お願いします。
被害者は石立鉄男。
第2作の犯人役は大原麗子かな、栗原小巻もいい。
 



Posted by ぼろんこ at 2015年09月30日 12:48
ぽろんこさん、
こちらこそ有難うございます。なるほど第1作の犯人は仲代達矢ですか、被害者が石立鉄男とは面白いです。2作目の犯人役は市原悦子で被害者は二人
1人目は秋野太作で二人目は犯罪に協力はしたけど
やがて恐喝してきた火野正平、

いろいろと想像するのも面白いですね。
Posted by 流星 at 2015年10月26日 23:00
秋野太作>で、くすっと笑いました。
殺害現場のモーテルの女主人は春川ますみさんで。
Posted by ぼろんこ at 2015年10月27日 09:13
ぽろんこさん、
レスポンス有難うございます。成程、春川ますみさんの登場もユニークですねぇ〜、
被害者役で火野正平さんと書きましたが、もし彼が犯人役で数作品後に登場したら、親子共謀の殺害で母親役は奈良岡朋子さん、お顔が何となく似てるでしょ(笑)被害者は亡き父親の愛人と、その兄か弟、配役は吉田日出子さん、寺田農さん、
Posted by 流星 at 2015年10月27日 22:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.

筆者ぼろんこが1970年代にNHKの総合テレビで刑事コロンボに出会った頃は小学生でした。それから30数年後の2009年にNHK BSで再会した時、その素晴らしさにあらためて感銘し、自分なりの解釈をブログに書きためるようになったのでした。