2010年04月28日

コロンボ警部の愛車

ボロボロの愛車は1959年式のプジョー・403コンバーチブル


コロンボ警部はこれを「外車」だと自慢気に話すことが多く、その反面カミさんの車は「どーってことない車」と過小評価します。

20話)「これだけイカれてちゃね」と高額な修理代:約25000円を請求される
22話)レストランの駐車係が「この車は盗まれない」として駐車場への移動を拒否
25話)何と約28000円で下取りに出さないか?と誘われる
27話) 殺人現場の廃車場で「車を捨てにきた」人だと勘違いされる
27話) 試験官ウイークリーが乗ろうとするが、ドアがなかなか開かない
40話)シグマクラブ前で他の車に激突しそうになる
43話)楽しく歌いながら運転中に事故を起こす
52話)オスカー・フィンチから「鉄クズ」だと呼ばれる
52話)ウェイド・アンダースから「昨日や今日の痛みじゃない」と言われる
63話)フィールディング・チェイス邸でバックファイアーを連発
など、逸話は数えきれません。(気付くたびに加筆します)

14話「偶像のレクイエム」で最も汚れている


セレブな犯人たちは、こぞってこの車を「ボロ車」と見下しますが、(14話)で大女優:ノーラ・チャンドラーが同乗したのは奇跡かもしれません。しかもこの時のボディの汚れ具合は尋常ではありません。演出上わざと汚しています(笑)

加筆:2017年12月27日
 
posted by ぼろんこ at 22:19 | Comment(0) | コロンボ警部の人となり
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.

筆者ぼろんこが1970年代にNHKの総合テレビで刑事コロンボに出会った頃は小学生でした。それから30数年後の2009年にNHK BSで再会した時、その素晴らしさにあらためて感銘し、自分なりの解釈をブログに書きためるようになったのでした。