2010年04月30日

ウイルソン刑事

フレデリック・ウイルソン刑事 ボブ・ディシー[Bob Dishy]
11話「悪の温室」
36話「魔術師の幻想」


ウイルソン刑事は11話「悪の温室」で、登場の場面から事件解決までコロンボ警部を補佐、あるいは捜査の指揮をとっていました。最新の科学捜査を得意分野とし、コロンボ警部から「ハリキリボーイ」と冷やかされています。36話「魔術師の幻想」にも登場します。

ウイルソン刑事のポジション


コロンボシリーズでは事件解決の流れに影響する刑事役の起用は珍しいのですが、このウイルソン刑事は特に印象に残る人で、他の刑事に比べて明らかに別格です。出演の同僚刑事の中で最もコロンボ警部を尊敬しています。先進メカに強いエリート刑事ですが、どこかピント外れで冴えないキャラクターに描かれています。これは、コツコツと足で情報を集めて矛盾点を探すという「コロンボ警部の捜査手法」を、かえって際立たせる役目も担っています。

日本語版吹き替えの声優は野本礼三さん。ウイルソン刑事のキャラクターにぴったりの言い回しでした、お見事です。野本さんはアンダーソン検死官などの俳優「ハーヴェイ・ゴールド」の声も担当されました。
 
加筆:2015年12月6日
 
 
posted by ぼろんこ at 23:10 | Comment(2) | ロス警察の同僚
この記事へのコメント
こんばんわ^^

ウイルソンファンの僕からすると、この様な項目を頂けて大変光栄です!m(__)m

仰る通り、他の刑事よりも遥かに際立つ存在感、軽快なトークに、何よりもコロンボへの尊敬の念。
全てにおいて、僕が好きな俳優さんです。

その理由は、他のコメントでも書きましたが、あの身なりからか・・どこか警部を小バカにする刑事達(犯人さえも笑)の中で、一人だけ尊敬している点にあります。
そこに僕は、彼の本質力があると考えています^^

身なりや言動で人を決め込まず、大事な所を押さえているか?何が問題か?とコロンボの考え方や所作振る舞いを、しっかりと、とっくりと全身で見て感じている様が、大好きなのです♪

警部もまた、それを見抜いている感じがあり、二人の素晴らしい関係性は、ストーリーの所々でも見て取れます。

実は、彼に英語でファンレターを書こうと思ってまして、目下英語を勉強中です(笑)

ハリキリボーイことフレディリック・ウイルソン、それを演じるボブ・ディッシーさん
80歳だそうですが、益々のご活躍を期待しておりますm(__)m
Posted by とっしーー at 2014年12月27日 01:21
僕は特に「悪の温室」のウイルソン刑事が好きですね。空回りして、撃沈してしまう感じが可愛いです。ボブ・ディッシーさんはハマリ役ですね。
 
このウイルソン刑事はクレーマー刑事と並び、良いキャラクターですね。
Posted by ぼろんこ at 2015年01月08日 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.

筆者ぼろんこが1970年代にNHKの総合テレビで刑事コロンボに出会った頃は小学生でした。それから30数年後の2009年にNHK BSで再会した時、その素晴らしさにあらためて感銘し、自分なりの解釈をブログに書きためるようになったのでした。