2010年09月01日

あなたの好きなコロンボ作品に「1票」!

もしも、ご自分の好きな作品が上位にランクされていないコロンボファンの方がいらっしゃいましたら、この記事に「この作品に1票」とコメントを下さい。不定期にはなりますが、ランキングの更新を行います。
※この記事のみ「コメントを常時受付/表示」に設定いたしますが、不適切な書き込みなどは、管理者の独断により削除する場合がございます。
(2012年9月現在、他の記事も「コメントを常時受付/表示」としています。)
 
 
posted by ぼろんこ at 14:00 | Comment(42) | 人気作品ランキング
この記事へのコメント
わたしの好きな「黄金のバックル」があまり人気がないんですね、、、1票おねがいします。
Posted by colo-colo at 2010年09月07日 15:45
「黄金のバックル」を[3]→[4]にしました。
Posted by ぼろんこ at 2010年09月07日 21:19
闘牛士の栄光が1番ですね。
自己の名声のためだけに長年連れ添った仲間を殺してしまう。
理解するのは難しいですが、マタドールならではの動機ということで。
Posted by ひこまろ at 2010年12月02日 18:23
「闘牛士の栄光」を[2]→[3]にしました。
Posted by ぼろんこ at 2010年12月03日 13:18
『別れのワイン』を挙げる人が多いですが僕自身はまだ決めかねていて…。故水野晴郎氏が『忘れられたスター』を一番に挙げるのも納得できるし。
で、自分の好み、趣味に近いという事で、映像メディアの編集と羨ましい位の機器がトリックに使われる『ビデオテープの証言』に一票です。
Posted by akuto at 2011年02月25日 06:22
「ビデオテープの証言」を[6]→[7]にしました。
Posted by ぼろんこ at 2011年02月25日 17:25
はじめまして。素敵なブログですね。
影のあるヒロインが魅力的で、「秒読みの殺人」が好きなのです。
映像の編集もとても斬新だと思います。
Posted by アルト at 2011年06月13日 21:15
「秒読みの殺人」を[16]→[17]にしました。
アルトさん、投票ありがとうございました。「秒読みの殺人」は私も大好きな作品です。41話〜45話の第7シーズンでは「死者のメッセージ」と並ぶ秀作だと思います。
Posted by ぼろんこ at 2011年06月15日 11:12
初めてカキコします。旧シリーズが大好きで、毎日2本ずつ、1年以上、繰り返し見ています。45話ほとんどのセリフも覚えてきました(笑)
観ていて癒されるのは「別れのワイン」ですが、「権力の墓穴」に1票!
Posted by kaz at 2012年01月13日 22:09
kazさん、書き込みありがとうございました。「45話ほとんどのセリフも覚えた」は凄まじいですね!私も常にHDに2〜3本、録画しては消して、また録画してと、週に平均2〜3本づつ見続けています。「権力の墓穴」は素晴らしい作品ですよね〜「39票→40票」に増やしておきました。
Posted by ぼろんこ at 2012年01月18日 13:30
華麗なる罠が好きです!!何気に新シリーズの何作かが一番好きなもので・・・

騙されたコロンボも好きです!!
Posted by べるかんぷ at 2012年06月21日 18:39
べるかんぷさん、投票ありがとうございました。

「華麗なる罠」1票→2票
「だまされたコロンボ」9票→10票

にそれぞれ増票いたしました。このあたり、1票でぐぐっとランクがアップしますね〜。素晴らしいです!
Posted by ぼろんこ at 2012年06月29日 13:29
はじめまして。5時30分の目撃者がベストです。高校時代にはじめて見たときのラストの印象が鮮烈です。ジュ−ジハミルトンもよいです。
 他には闘牛士の栄光のサンチェス警部との会話や、ハッサンサラ−の反逆の犯人との対決も印象的です。いまはコロンボは、英語字幕みながら英語でみています。ピ−タ−フォ−クの声になじむと吹き替えは小池朝雄ですら違和感があります。
逆転の構図のコロンボが自動車教習員を乗せて、運転するシ−ンも好きです。
Posted by 迷鳥 at 2012年09月03日 21:47
迷鳥さま投票いただきありがとうございました。「5時30分の目撃者」に1票を加算し20位タイに昇格いたしました。

お好きな作品はどれもコロンボの人間臭さが出ている楽しいエピソードですよね〜。またコメントお願いいたします。
Posted by ぼろんこ at 2012年09月05日 16:20
「逆転の構図」を[36]→[37]にしました。
Posted by ぼろんこ at 2012年11月21日 15:52
「殺人処方箋」を[23]→[24]にしました。
Posted by ぼろんこ at 2012年12月18日 20:51
はじめまして。
楽しくblogを拝見させて頂いています。
私もコロンボ大好きで、最初にみたテレビでの放送は、小学だったか、中学だったか忘れましたが当時は、『コロンボ登場!』だけで、もう楽しい気分になり、後のアリバイ崩しに、ハッとしてすごい、これまた感激!ってな感じでしたが、改めて最近のBSプレミアムで放送されてるのを機に、『コロンボにはまって』しまいまして、中学三年生の子供と一緒に観ていて、こんなに深い内容だったか!、とか『殺人』という内容でありながら人間的な、ユーモアを堪能しています。

どれもこれも大好きなのですか、強いて『恋に落ちたコロンボ』に一票いれさせて下さい。
女性が犯人の時って、華が映像にありますし、この作品では、お決まりの「うちのかみさんか〜」は最初に寒がり屋の話をした時だけのような気がしていて、本当に二人は少しづつ距離が縮まる気がしたのです。
犯人の美しすぎる(笑)ステイトンも、最初はわなだったかもしれないけど逮捕されたときの印象が何となく、あれっ好きになってたのかなっと、思わせてくれました。
共犯とわかってる娘のリサをイタリアに帰すなんて、コロンボではあまり考えられないですし。せめてもの、恋に落ちかけた犯人への、やさしさのあらわれかと(道徳的にはいけないのでしょうが)
娘を犯罪の共犯者にしたくないという犯人像と私は思いますので。
バーニーがお店で、上手い事表現してたように思いますが、私は少し理解出来なかったです。
ともあれ、いたるところに華があり、violinケースに花束を入れてプレゼントするシーンはさすがアメリカ人と思いました(笑)
例え、玄関ホールにある写真を撮るのが目的だったつなたしても。
ステイトンにチュッてされて、鼻の下がのびてるコロンボ、かわいかったです、

長々とすみません。
この素敵なblogの感想も交えて書きたかったので、長々になってしまぃした。
また、訪問させて下さいませ。

Posted by 田名可 at 2013年06月02日 02:23
こんにちは!楽しく拝読しています。

『祝砲の挽歌』に一票!

殺人の動機が誇りを傷つけられたため、というタイプの作品が好きです。

というわけで、『別れのワイン』、『闘牛士の栄光』もいいですね。『忘れられたスター』もその系譜でしょうか。

どこか、哀感漂う感じがいいですね。




Posted by porta aberta at 2014年02月26日 18:08
田名可さん、コメントありがとうございます。「恋におちたコロンボ」ですね〜1票入れておきます。すてきな作品ですよね。流石フェイ・ダナウェイ、コロンボも惹かれるわけです。この作品、よく見ると冒頭シーンの庭の噴水が逆流しているそうです(笑)
Posted by ぼろんこ at 2014年02月27日 13:52
abertaさん、コメントありがとうございます。4作品すべて1票加えておきますね〜、どれも大好きな作品です。ありがとうございました!!
Posted by ぼろんこ at 2014年02月27日 13:53
「指輪の爪あと」この作品に一票!!

いや〜〜素晴らしかったですっm(__)m

冒頭のサングラスに移る犯人の葛藤?の様なシーンも奇抜でしたし、インテリ系の探偵さんの初めはクールで高圧的な態度が、後に短気や気分屋
に変わる所も、興味深かったです。

しかし(笑)
コロンボは、よく白バイに捕まりますよね(笑)
今回もランプや免許書の更新など、色々と突っ込まれていました^^
ゴルフのシーン、僕は印象的でしたね!
コートを脱いだスーツ姿のコロンボ、あの色はうす茶色?、いつか着てみたいです♪♪

犯人の罪状は、確かに過失致死っぽいですが、奥さんも攻めすぎましたね(汗
仰る通り、逃げ道を与えなかったのと、誰かに話していれば・・

コロンボの幼少時代、そしてジャガイモの作戦(笑)、コンタクトの技(笑)
確かに、犯人の行動が何よりの証拠ですが
一番最後のジャガイモ・トークと、旦那さんが
まさか今回も芋が・・?!
といった表情が、なんか日本的?で面白かったです(´ー`*)

別れのワインなど、まだまだ人気作品までは見ていませんので、とりあえずこの作品と、ハッサン〜の作品、闘牛士の栄光の世界観(スペイン)
20話以降の船の中のやつ・・(なんでしたっけ)、コロンボがヨガをする提督の話あたりが
好きです♪
Posted by とっしーー at 2014年03月18日 21:44
とっしーーさん、コメントありがとうございます。「指輪の爪あと」良いでしょう?私も大好きなんです。コロンボ(ピーター・フォーク)は、実は運動神経抜群ですね。

後日になりますが、この作品に一票入れておきますね。「ハッサン〜」「闘牛士の栄光」もぜひご覧ください。

「コロンボがヨガ…」は「さらば提督」です。
Posted by ぼろんこ at 2014年03月26日 00:29
素晴らしい企画ですね!

僕が好きな作品がベストテンにキラ星のように並んでいるので、ああ、やっぱりみんな好きなんあなあ、と嬉しくなりました。

僕的なベスト3は、

1.忘れられたスター
2.祝砲の挽歌
3.二枚のドガの絵

ですかねえ…。
本格路線の指輪も大好きだけど、映像作品として、これらの3作の魅力は際立っていると思います。(なぜか、別れのワインは苦手)
残りのふたつを選ぶなら、

4.指輪の爪あと
5.死者の身代金

あたりかなあ?
コロンボの追いこみテクって、犯人をもちあげて、利口ぶらせてぶらせてパッと落とすって手口でしょ?
プライドと功名心の塊の犯人が、みーんなそのトラップにかかっていく過程が、もー たまらん。
犯人の皆さん、皆さん方、自己顕示欲高すぎますって!
バカのフリするのがもっとも利口なテクなんだよー、と親身に耳打ちしたい気分ですねえ。
「忘れらたスター」が好きなのは、その定例の利口ぶりをヒロインがやらないためでもあるのかも。
彼女を庇うネッドのボギーみたいな行動が、たまらんっス。
あと、そんな彼女をいたわるコロンボの正装が、なんとも好きっス。
うん、「スター」の魅力は、煎じつめればダンディズムの魅力なのかな。
Posted by イーダちゃん at 2014年06月06日 19:24
イーダちゃんさん>コメントありがとうございます。このようにベスト形式で投票してくださったので、それを加味して表を加えておきます〜。「なぜか、別れのワインは苦手」な方もいるのですね、わかる気もします(笑)
Posted by ぼろんこ at 2014年06月12日 09:12
はじめまして、CSの放送話を確認しててたまたまここに来ちゃいました。

なんだか「別れのワイン」って好き嫌いがはっきり分かれてるようですね(ちなみに私は好きな側です)。
「別れのワイン」は犯人のあのどこか憎めない感じ、同情や共感さえ覚えてしまいそうな感じが好きです。たぶん、犯行の動機が直接的な私利私欲ではなく、どこか追いつめられた動機によるものだからかもしれませんね。
そういう意味では「白鳥の歌」なんかも好きですね。

シリーズの中でときどきこういう感じの憎めない犯人が出てくる話がありますが、この2作はとくに好きです。

Posted by プジョー403 at 2014年06月16日 16:52
最近、「死者のメッセージ」をはじめて観まして、のけぞりました。
これ、僕内のナンバーワンですね!
ローズマリーの赤ちゃんでは悪魔崇拝してたあのオバチャンがなんてチャーミングなんだろう。
チャーミングで、でもって同時にどうしょもなくやるせなくって…「めいの事件あなたが担当だったらよかったのに」のラスト台詞は心をえぐります。
人生ってたしかにどうにもならないことってありますもんねえ…
それを見守るコロンボの視線の優しいことあせあせ(飛び散る汗)

あ。前回僕ワインが苦手といいましたが勿論あれ嫌いじゃないですよー

あ。あと、もうひとつ(コロンボ風にふりかえって)祝砲は個人的に大好きなんですが、校長が生徒に罪をなすりつけるって卑劣な計画がどうもねえ…
それがなきゃ絵的にも対決姿勢も完璧なのになあ。それがあれをナンバーワンに押せなかった理由です。
Posted by イーダちゃん at 2014年06月21日 09:43
ぼろんこさん

今度 イーダちゃんの晴れときどき瞑想♪
という僕ブログで、
徒然その176☆なぜか「刑事コロンボ」スペシャル☆

というのをやりました。
よかったら遊びにこられてください。
o(^-^)oかしこ
Posted by イーダちゃん at 2014年07月10日 09:40
「闘牛士の栄光」に1票。
モント―ヤが過去を回想するシーンとラストの潔さが印象に残っています。「ビデオテープの証言」にも1票、こちらは最後の悪あがきと冷血ぶりでしょうか。あと「魔術師の幻想」に1票。
ジャック・キャシディさんエレガントですね!
よろしくお願いします
Posted by stinger at 2014年07月10日 11:40
おぉ、なんとすてきなブログですこと。チリ作り〜「ぼろんこ」のご紹介までしてくださって。

1.「死者のメッセージ」
2.「忘れられたスター」
3. 「祝砲の挽歌」
4.「ビデオテープの証言」
5.「殺しの序曲」
6.「魔術師の幻想」
7.「ロンドンの傘」
8.「指輪の爪あと」
9.「二枚のドガの絵」
10. 「歌声の消えた海」 

ですね、逆順で10〜1票を加えさせてくださいね。ランキングに大きく影響しそうです(笑)別れのワインは、不動の1位ですので、気にされないでください〜。ブログの記事は、私の日記で詳しく紹介させてくださいね〜。
Posted by ぼろんこ at 2014年07月15日 23:07
プジョー403さん>コメントありがとうございます。「別れのワイン」「白鳥の歌」に1票ずつ入れますね〜。どちらも「才能豊かなだが…それが酬われない…」という哀愁が出ていますね。他にも似た作品がありそうですね!
Posted by ぼろんこ at 2014年07月15日 23:13
stingerさん>「闘牛士の栄光」「ビデオテープの証言」「魔術師の幻想」に1票!かしこまりました。説明できませんが…何となく3作品に共通する点があるような、ないような。あはは!
Posted by ぼろんこ at 2014年07月15日 23:15
ぼろんこさん、初めまして。
いつも楽しく拝見しています。
私も小学生のころ初めてNHKで刑事コロンボを見て以来、ずっとコロンボ刑事のファンです。
子育てや仕事で忙しかったのですが、最近少し時間ができてきたので、BSプレミアムで録画していたけれど見る時間がなかったコロンボをまた見始めています。
私が大好きなのは
1.忘れられたスター
2.死者のメッセージ
3.別れのワイン
です。
この3話はどれも見たあと、切なくなってしまうのです。そしてこれらの話の中で見せるコロンボ独特の優しさが好きです。
Posted by ちあき at 2015年06月05日 17:05
1位・祝砲の挽歌
2位・魔術師の幻想
3位・二枚のドガの絵

です。
Posted by タップおばさん at 2015年06月05日 22:33
投票ありがとうございます。人気ランキングを更新しました。
Posted by ぼろんこ at 2015年06月13日 19:11
ちあきさん>はじめまして。コロンボを見て、楽しい時間をお過ごしください、また、コメントお待ちしております。
Posted by ぼろんこ at 2015年06月13日 19:19
初めまして!
いつも楽しく拝見させて頂いてます。

一番好きな作品は『権力の墓穴』ですね!
新シリーズでは『完全犯罪の誤算』が大好きです!

マクグーハンさんの演技が良いんですよね(*^^*)

ところで…
『刑事コロンボ〜選』のカテゴリに『策謀の結末』『美食の報酬』が含まれてなかったので、それらも入れて頂けると幸いです(^-^)
Posted by テレパス at 2016年02月22日 14:03
悩みましたが・・・(笑)
1 歌声の消えた海
2 さらば提督
3 二つの顔
4 逆転の構図
5 死者のメッセージ
6 溶ける糸
7 アリバイのダイヤル
8 祝砲の挽歌
9 毒のある花
10 策謀の結末
ホント悩みましたよ。


Posted by ヤスオ at 2016年03月14日 23:50
死者の身代金
二枚のドガの絵
パイルD-3の壁
悪の温室
溶ける糸
野望の果て
白鳥の歌
権力の墓穴
自縛の紐
逆転の構図
仮面の男
さらは提督
殺しの序曲
策謀の結末
完全犯罪の誤算
犯罪警報
殺意の斬れ味

以上の甲乙付けがたい中から選ぶのは困難ですが・・・マクグーハン推しで「仮面の男」に一票です。
Posted by V at 2016年03月21日 18:33
テレパスさん、『策謀の結末』『美食の報酬』書いておきます!
Posted by ぼろんこ at 2016年05月04日 15:02
ヤスオさん、Vさん、投票ありがとうございます。上位〜下位のニュアンスを含め、票を加えさせていただきます。
Posted by ぼろんこ at 2016年05月04日 15:04
初めまして、偶然見つけたのでお邪魔します。

やっぱ
別れのワイン
二枚のドガの絵
忘れられたスター
あたりは盤石ですな。

元来マニアックな自分は、
「魔術師の幻想」や「構想の死角」
にも登場する人気悪役
ジャック・キャシディが出てるにも関らず
イマイチ人気のない
【第三の終章】
を推させていただきます。
Posted by ぴーたー・すぷぅ〜ん at 2017年03月07日 14:41
はじめまして。

ん〜悩みますねぇ、二枚のドガの絵、忘れられたスター、逆転の構図・・・などなど。
でもやっぱり自分の中では、祝砲の挽歌かなぁ?
特定の場所、時間でなければリンゴ酒を発見できない結末、これは痛快かつコロンボらしさを最高に表現してると思います。
真相での証拠よりも、犯人も気付かないスキを付く結末はコロンボの醍醐味ですね。
Posted by みーちゃん at 2017年03月25日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.

筆者ぼろんこが1970年代にNHKの総合テレビで刑事コロンボに出会った頃は小学生でした。それから30数年後の2009年にNHK BSで再会した時、その素晴らしさにあらためて感銘し、自分なりの解釈をブログに書きためるようになったのでした。