2010年12月03日

シェラ・デニス

シェラ・デニス(シーラ・ダニーズ)
Shera Danese
[1949年10月9日-]
 

38話「ルーサン警部の犯罪」クレア・デイリーの旦那の秘書モリー
42話「美食の報酬」ジェラード氏の秘書イブ
50話「殺意のキャンバス」マックス・バーシーニの妻ベネッサ
58話「影なき殺人者」ヒュー・クライトンの秘書
64話「死を呼ぶジグソー」
66話「殺意の斬れ味」キャサリン・カルバート

女優シェラ・デニスは、俳優ピーター・フォークの妻。38話「ルーサン警部の犯罪」で、殺害されたクレアのご主人のアリバイを証言するチョイ役の秘書として初登場。その後は、42話「美食の報酬」で犯人ジェラードのお馬鹿ちゃん風愛人、50話「殺意のキャンバス」ではバーシーニの妻ベネッサを好演。58話「影なき殺人者」では殺人ほう助、66話「殺意の斬れ味」ではついに、共犯役をつとめています。新シリーズでは特に、作品自体が徐々にピーター・フォークの「私物」になっている傾向が強く、ピーターの実妻である彼女が多く登用されています。

その風貌からも若い頃は犯人などの愛人役が多く、年齢とともに「少し意地悪」な役柄もこなしています。しかし本質的には「あまり深く物事を考えない」風にも見受けられ、憎めないキャラクターとして描かれる傾向にあるとも思えます。

本当はなんて読むの?


Wikipediaの刑事コロンボやピーター・フォークの項目では「シーラ・ダニーズ」と出てきます。しかしAXNミステリーの特番では「シェラ・デニス」と読んでいました。加筆した2012年現在では、検索で「シェラ・デニス」が優勢かもしれません。英語では【Shera Danese】で、ちなみに「Shera」で検索すると、シーラでなくシェラが多く検出されます。

豪華な日本語版の吹き替え


ルーサン警部の犯罪=沢田敏子さん(アルプスの少女ハイジのナレーション)
美食の報酬=田島令子さん(ベルサイユのばら:オスカルなど)
殺意のキャンバス、影なき殺人者=塩田朋子さん(映画やドラマの吹き替えで有名)
死を呼ぶジグソー=鈴木弘子さん(ホリスター将軍のコレクション:ヘレン、幻の娼婦:ジョーン・アレンビー)
殺意の斬れ味=藤田淑子さん(一休さん)

影なき殺人者では歌声も披露


58話「影なき殺人者」のオープニングに流れるタイトル曲は、このシェラ・デニスが歌っています。

加筆:2017年12月21日
 
 
posted by ぼろんこ at 15:51 | Comment(2) | 脇役俳優たち
この記事へのコメント
いつも楽しく読んでいます。コロンボ百科事典的に使わせてもらっています。今日初めてシーラさんの事を知ったので思わず書き込みさせてもらいました。NHKBSに続きBSTBSでの毎日が非常に幸福な夜のひと時を与えてくれます。
(時にはコロンボのスーパーコンピューター付ボケに引っかかっていく犯人に応援しながら)
 特に私の1押しは秒読みの殺人でマークはケイの事が本当に心配で支社長にしなかったと思うからです。その証拠に往年のミュージカルスターの番組の事といい、温めていたドラマの使い方といいマークが指摘して心配していた判断力のなさが現実化してしまったことからも分かると思います。エレベーターの拳銃を必死でとろうとするシーンは何とも言えません。
勝手なごたく長々と書いてしまいましたが、これからも楽しく拝見させて頂きます。
Posted by 金森 長近 at 2016年01月04日 23:47
なるほど!素晴らしいコメントをいただきまして、感激です。
Posted by ぼろんこ at 2017年12月21日 13:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.

筆者ぼろんこが1970年代にNHKの総合テレビで刑事コロンボに出会った頃は小学生でした。それから30数年後の2009年にNHK BSで再会した時、その素晴らしさにあらためて感銘し、自分なりの解釈をブログに書きためるようになったのでした。