2011年09月19日

AXNミステリー特番「刑事コロンボ 人気ランキングBEST10」

2011年9月16日より2日間あまり、CATVのチャンネル「AXNミステリー」の特番「俳優ピーター・フォーク追悼特集 連続50時間放送」が放送されました。その中で「刑事コロンボ人気ランキングBEST10」が発表され、17日の朝よりBEST10〜1の順に10作品が放送されました。凄い企画だったと思います、感心しました。

ぼろんこぼ独自調査(笑)によるランキングとは、違った結果になってますが、たいへん興味深いものです。みんさんの印象はいかがでしょう?

1位 19話「別れのワイン」ドナルド・プレザンス
2位 32話「忘れられたスター」ジャネット・リー
3位 1話「殺人処方箋」ジーン・バリー
4位 15話「溶ける糸」レナード・ニモイ
5位 28話「祝砲の挽歌」パトリック・マクグーハン
6位 13話「ロンドンの傘」R・ベイスハート / O・ブラックマン
7位 9話「パイルD-3の壁」パトリック・オニール
8位 6話「二枚のドガの絵」ロス・マーティン
9位 29話「歌声の消えた海」ロバート・ボーン
10位 4話「指輪の爪あと」ロバート・カルプ

ぼろんこの感想としてはまず、10位に滑り込んだ「指輪の爪あと」が大健闘してくれた!です。ぼろんこの独自調査では21位以下に低迷していまして、思ったより支持者が少ないのか?と、がっかりしていました。この作品は「二枚のドガの絵」に匹敵する初期の名作だと思っています。

また「ロンドンの傘」や「祝砲の挽歌」「歌声の消えた海」などは、シチュエーション設定において独特の雰囲気をもった作品で、やっぱり好きな方が多いのだな〜と改めて感じました。

3位に「殺人処方箋」が選ばれたことも、さすがマニアの方々の一票がこれに集まったのか。との印象です。

1位と2位は不動の人気を誇る2作品「別れのワイン」「忘れられたスター」。これらはコロンボの醍醐味には若干欠ける印象もありますが、単品としても十分楽しめるもので、多くのファンの心をつかんでいますね。

意外にも10選にもれた作品としては「権力の墓穴」「逆転の構図」「殺しの序曲」。これらに勝った「パイルD-3の壁」の人気の高さ。コロンボ作品は「層が厚い」と、感嘆しきりです。

ランク外の作品は、BEST10放送後「ピーター・S・フィッシャー作品集」の中で「権力の墓穴」を、ピーター・フォークの大ファンである小倉智昭氏が選ぶBEST3の一作品として「逆転の構図」が放送されるなど、コロンボファンには、大満足の50時間だったと言えます。
ちなみに小倉智昭氏のBEST3は「構想の死角」「逆転の構図」「白鳥の歌」でした。

50時間すべてを見ることは出来ませんで、断片的に楽しませていただきましたが、刑事コロンボファンの方々にとって、人生で一番楽しい日であったことでしょうね。
 
posted by ぼろんこ at 13:42 | Comment(2) | 人気作品ランキング
この記事へのコメント
こんにちは
DVDコレクションが発売され、その第一弾は
消された超能力でした
なにか理由があったのでしょうかね
Posted by ジーコ at 2014年02月01日 12:16
ジーコさん、コメントありがとうございます。私は「DVDコレクション」は持っていません〜あはは。「汚れた超能力」でしょうかね?「新・刑事コロンボ」の第一作というのが、第一弾の理由でしょうか?
Posted by ぼろんこ at 2014年02月27日 11:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

コメント: [必須入力]

どうぞ悪戯の書き込みはお控えください。
私の大切なものを壊さないでください。あなたにも、私にも大切なものがあるのです。
I ask foreigners.
Please do not write a comment. Please do not break my important thing.
I think that you can understand. I appreciate your self-control.

筆者ぼろんこが1970年代にNHKの総合テレビで刑事コロンボに出会った頃は小学生でした。それから30数年後の2009年にNHK BSで再会した時、その素晴らしさにあらためて感銘し、自分なりの解釈をブログに書きためるようになったのでした。